「森保監督にとってジレンマ」 日本に生じた“二つのポジション争い”を海外メディア指摘

Football ZONE web / 2019年1月18日 2時3分

■今大会初先発の武藤と塩谷のゴールでウズベキスタンに逆転勝利森保一監督率いる日本代表は17日、アジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタンを2-1で破り、グループ首位通過を決めた。先制点を許すも、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)とDF塩谷司(アル・アイン)のゴールで逆転に成功。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング