森保JとザックJが酷似? 長友佑都、“アジア杯優勝体験”を基に証言「2011年と被る」

Football ZONE web / 2019年1月18日 21時50分

■3試合中2試合で逆転勝利と苦戦続きも1位通過、長友もチームの成長を実感森保一監督率いる日本代表は17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦ウズベキスタン戦で2-1と勝利し、グループ1位通過を決めた。初戦に続く逆転劇となったなか、DF長友佑都(ガラタサライ)は苦しみながらも結果を残す森保ジャパンを、2011年大会でアジア王者に輝いた代表チームと重ね合わせている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング