「新しいファンを獲得するスタイルでない」 英記者が森保Jの“非日本的”戦術を疑問視

Football ZONE web / 2019年1月23日 10時30分

■サウジアラビアを1-0で撃破したが、ボール支配率23.7%に終わるなど終始苦戦日本代表は21日に行われたアジアカップ16強でサウジアラビアを1-0で破り、ベトナムの待つ準々決勝に駒を進めた。ボール支配率23.7%と相手に主導権を握られるなか、前半20分にDF冨安健洋(シント=トロイデン)のA代表初ゴールで先制。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング