写真

■前半は一進一退も後半に冨安がPKを献上し敗れる日本代表は22日に日産スタジアムでコロンビア代表との国際親善試合に臨み、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)のリターンマッチとなった一戦は、後半にPKで決勝点を許して0-1で敗れた。日本はFW鈴木武蔵が1トップに入り、MF中島翔哉、MF南野拓実、MF堂安律が2列目に並んだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング