“香川時代”終焉への序章? 新旧10番のコントラストに垣間見えた「転換期」の波

Football ZONE web / 2019年3月27日 6時20分

■ボリビア戦で10番兼主将の香川は結果を残せず交代“前10番”の中島は決勝弾をマーク片や10番にして主将が結果を残せない悔しさを吐き出すかのようにキャプテンマークを味方に投げ渡し、片や途中出場の“前10番”が決勝ゴールを挙げて歓喜の輪の中心になる――。ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となったMF香川真司(ベジクタシュ)と、森保一監督体制で攻撃を牽引してきたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)のコントラストは残酷なほどだった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング