写真

■代表初スタメンの久保がトップ下で存在感、後半に迎えた絶好のチャンスを回想森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)初戦でチリと対戦し、0-4と大敗を喫した。代表初のスタメン出場を飾った18歳MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)は、2人抜きドリブルから外した決定機を悔恨。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング