写真

■1-1で迎えた後半10分、カバーニのシュートをGK川島がストップ森保一監督率いる日本代表が現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦。MF三好康児(横浜F・マリノス)の一撃で先制した日本だが、PKで追いつかれたなか、後半にGK川島永嗣(ストラスブール)が相手FWとの1対1でビッグセーブを繰り出した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング