久保建英、なぜ“幻の決勝弾”は生まれた? オフサイド判定から一転、VAR介入の理由

Football ZONE web / 2019年6月26日 6時40分

■エクアドル戦の後半アディショナルタイム4分、久保の一撃がネットを揺らすも…森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦でエクアドルに1-1と引き分けた。MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)が後半アディショナルタイムにネットを揺らし、一度オフサイド判定となるも直後にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング