写真

■GKは19歳大迫がA代表デビューも、ベテラン川島の壁を越えられず森保一監督率いる日本代表は、参戦していたコパ・アメリカ(南米選手権)で2分1敗に終わり、グループリーグ敗退を喫した。東京五輪世代18人、平均年齢22.3歳(大会開幕時)という若い陣容で臨み、現地時間20日に行われたウルグアイ戦ではFIFAランキング8位の強豪相手に2-2で引き分けた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング