「コパが終わるのを待っていた」 “主将”柴崎と海外クラブが交渉開始へ「日本の操縦士を…」

Football ZONE web / 2019年6月26日 19時10分

■コパ・アメリカで輝き放った柴崎、メキシコのプーマスが獲得へ本腰か日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦でエクアドルと対戦。1-1と引き分け、決勝トーナメント進出を逃すことになった。MF柴崎岳(ヘタフェ)は今大会で主将を務めたが、海外メディアは「コパ・アメリカが終わるのを待っていた」と新天地候補となるクラブが交渉を待機していたことを伝えている。2017年にヘタフェへと加入した柴崎は昨季、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング