写真

■移籍直後に日本代表活動に招集「同僚とともにトレーニングする機会を逸した」マジョルカの日本代表MF久保建英は、日本代表で史上最年少となる18歳98日でのワールドカップ(W杯)予選デビューを飾るなど、9月の連戦で出場機会を得た。ただ、その一方で現地メディアは期限付き移籍で加入したマジョルカ側から見て、久保のチームへの融合の難しさがあることを指摘している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング