森保兼任監督の“不透明さ”を英記者が指摘 W杯へ警鐘「ふさわしい人材なのか?」

Football ZONE web / 2019年12月5日 18時20分

■消極的な姿勢を崩さない森保Jに警鐘「新たなレベルへ導く能力が備わっているのか?」日本代表は4日、E-1選手権に臨むメンバー22人を発表した。2019年を締めくくる大会となるが、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、森保ジャパンについて「問いただすべき疑問がある」として、「森保監督はふさわしい人材なのか?」と指摘している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング