“後頭部キック”被害の橋岡大樹、大反響への“驚き”明かす 「すごく話題になっていて…」

Football ZONE web / 2019年12月12日 20時38分

■E-1選手権初戦の中国戦でラフプレー被害も、相手にレッドカードは提示されず森保一監督率いる日本代表は韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加し、10日の初戦では中国を2-1で下した。この試合で中国DFのラフプレー“被害者”となったDF橋岡大樹(浦和レッズ)は、「何よりも大事に至らなくて良かった」と語り、代表デビュー戦を振り返っている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング