「走り勝つ自信があった」 鈴木武蔵、A代表6戦目で待望の初得点「取れてホッとした」

Football ZONE web / 2019年12月10日 21時39分

■前半29分に鮮やかな連係から代表初ゴールをマーク森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開幕を迎えたE-1選手権の初戦で中国に2-0で勝利した。前半29分には、国際Aマッチ6試合目の出場でFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が華麗な連係から代表初ゴールを決めて先制。後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)がCKから頭で代表初得点し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング