写真

■フランスリーグ杯ランス戦でボールを手で弾いてゴールに流し込み、イエローカード扱いフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間22日、クープ・ドゥ・ラ・リーグ準決勝でスタッド・ランスを3-0で下し、決勝に駒を進めた。DF陣の得点と相手のオウンゴールで3点を奪ったなか、フランス代表FWキリアン・ムバッペがとっさに手で狙った“ゴール未遂”が「恥ずべき“ハンド”ゴール」「ボールを平手打ち」と注目を集めている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング