写真

■19年夏から東京Vでプレーしたブラジル人FWジャイルトン・パライバが現状を説明2019年夏からJ2東京ヴェルディに所属していたブラジル人FWジャイルトン・パライバは、今年母国へ帰還したが、新型コロナウイルス騒動により複雑な心境を抱いているようだ。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、「日本サッカーから去り、ブラジルに戻った後、国の混沌とした状況を後悔している」と報じている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング