写真

■モウリーニョとクロップが批判的なコメントを残す欧州サッカー連盟(UEFA)が3月に下したマンチェスター・シティの欧州大会への出場停止処分は、13日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって無効とされた。これを受けて、リバプールのユルゲン・クロップ監督、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は不満を口にしたが、“ペップ”ことジョゼップ・グアルディオラ監督も彼らに反論をしている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング