タブレット戦争で苦戦のアップル ウィンドウズ陣営が猛追撃開始

Forbes JAPAN / 2017年3月20日 11時0分

アップルはここ数年、MacOS搭載PCよりもiOS端末重視の姿勢を鮮明にしている。このトレンドはノートパソコンで特に顕著だ。同社CEOのティム・クックは、ノートパソコンの代替品としてiPadを売り込み、現在首位のタブレット市場でさらなるシェア拡大を図りたいようだ。アップルのこうした動きに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング