ペッパーにポーカーフェイスは通じない 家庭用ロボットの現状と課題

Forbes JAPAN / 2017年8月20日 15時0分

家庭用ロボットやソーシャルロボットの一大ブームが訪れようとしている。ソフトバンクが開発・販売する「ペッパー」は、2014年頃から携帯ショップの店員としてキャリアをスタートさせたが、いまや街角のあらゆるシーンで見かけることができるようになった。接客・顧客対応、家庭のセキュリティー、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング