任天堂スイッチ「年3000万台に増産」報道から見えてくる未来

Forbes JAPAN / 2017年11月15日 7時30分

ニンテンドースイッチの売れ行きが絶好調だ。販売台数は今年3月のリリースから9月まで750万台を超え、任天堂は来年の生産台数を上方修正した。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、任天堂が2018年の生産台数を2500万-3000万台に増産すると報じた(現状の予測では発売から1年が経過する2018年3月までの販売台数は約1700万台)。スイッチが仮にこの台数を売り切れば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング