80万年前の人類を襲った「巨大小惑星の衝突」の大きな謎

Forbes JAPAN / 2018年1月13日 12時30分

およそ80万年前に巨大な小惑星が地球に衝突した新たな証拠が見つかった。東南アジアに衝突した小惑星は直径1キロほどの大きさで、衝突によって吹き飛ばされた粉塵に地表が覆い尽くされるほどの威力があったが、人類はその状況を生き延びたことになる。この小惑星の衝突は人類が絶滅しかねない規模の衝突としては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング