「妊娠中の飲酒」による障害は、考えられていたより10倍も多かった

Forbes JAPAN / 2018年2月14日 10時0分

新しい研究により、妊娠中の飲酒は、これまでに考えられていたよりも最大で10倍多くの子供たちに悪影響をもたらしていることがわかった。米国では、10人に1人の子供が妊娠中の飲酒によって何らかの障害を抱えている地域もあるという。今回の発見は、障害だと見なされていないがサポートが必要な多くの子供が存在している可能性が示されただけでなく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング