30歳の日本人起業家が体感した「成長に突き進む中国」

Forbes JAPAN / 2018年3月14日 8時0分

中国の厦門(アモイ)でゲーム開発会社を経営する日本人起業家がいる。そう聞いて訪ねたのが荻野目智仁(30)だ。代表を務める「SYNCGAMES」は中国のゲームアプリを日本向けにローカライズし、パートナー企業に提供している。「中国のゲームアプリには非常にクオリティが高いものが多い。しかし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング