米トイザらスが再建を断念か 清算で予想される多大な影響

Forbes JAPAN / 2018年3月14日 7時0分

昨年9月に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した米玩具販売大手トイザらスが再建を断念し、全店舗を閉鎖する方針であるとの観測が広がっている。米国の玩具業界にとっても、そして不動産業界にとっても、幸先の良い話ではない。トイザらスが清算手続きに入れば、一部の企業(インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムや大型量販店のウォルマート、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング