時価総額4兆円が飛んだ、フェイスブック「選挙スキャンダル」

Forbes JAPAN / 2018年3月20日 11時30分

2016年の米大統領選挙で、トランプ陣営が雇った調査企業「ケンブリッジ・アナリティカ」が、5000万名のフェイスブックユーザーの個人情報を不正収集していたとの報道が流れた。この報せを受け、3月19日午後1時(米東部標準時)時点で、フェイスブックの株価は9%近く急落。370億ドル(約3.9兆円)にのぼる時価総額が失われた。株価の下落により、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング