アンドロイド端末の約4割が「古すぎるOS」という衝撃データ

Forbes JAPAN / 2018年4月17日 7時30分

グーグルのアンドロイドOSは、アップルのiOSに比べると最新バージョンの使用率が非常に低いことが明らかになった。統計サイト「Statista」が先日発表したデータによると、現在使用中のアンドロイド端末の25%が、2014年にリリースされたOS「Lollipop」で動いている。一方でiOSの場合は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング