政府の無策でネパール大地震の被災者にのしかかる「借金地獄」

Forbes JAPAN / 2018年5月23日 11時0分

約9000人が犠牲者となったネパール大地震から3年が過ぎ、現地では貧困による「人身売買」が広がっているのだが、自国のみならず、被害者女性たちの多くが連れて行かれるインドでも、政府は「人身売買の撲滅」を訴え、取り締まりの強化をアピールしている。とはいえ、それでも「人身売買」がいっこうに減る傾向にないのは、それだけ原因となっている貧困が深刻化していることでもある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング