写真

喫煙が身体に害を及ぼすという研究事例は多数存在するが、今回、機械学習を使った新たな研究結果が報告された。米国の人工知能(AI)企業、InsilicoMedicineのPolinaFirsanova博士研究チームは、機械学習を使って、喫煙者・非喫煙者(成人14万9000人対象)の実年齢および健康年齢の乖離を調査した最新結果を、英国の科学専門誌「ScientificReports」に公開した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング