写真

科学誌カレント・バイオロジー(CurrentBiology)に掲載された最近の研究によると、就寝時に体を揺すられることで寝付くまでの時間が短くなり、睡眠は深く長くなり、睡眠中に記憶が固定されやすくなるかもしれない。体を揺らすことは、これまで乳児を眠らせる方法として活用されてきた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング