■4回2死走者なしの第4打席に一塁へ全力疾走10日(日本時間11日)の本拠地マリナーズ戦で、22打席ぶりに苦手左腕から快音を響かせたエンゼルス大谷翔平投手。「6番・DH」で先発し、4打数1安打1打点の活躍でチームの勝利に貢献した。第5打席にタイムリーを放った24歳は、4回の第3打席では快足を飛ばして敵失を誘い出塁すると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング