【日米野球】MLB選抜指揮官が完敗認める 侍ジャパンの“粘り”に「上回っていた」

Full-Count / 2018年11月13日 23時1分

■機動力を生かした攻撃に「決して何か驚かされることがあったと思っていない」■侍ジャパン5-3MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は13日、マツダスタジアムでの第4戦が行われ、侍ジャパンは5-3で逆転勝ち。まさかの逆転負けを喫したMLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督(マーリンズ)は「粘りを見せていた部分で上回っていた」と完敗を認めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング