写真

楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】

■クローザーから中継ぎ、先発と不振に陥った楽天・松井がトップK9という指標がある。日本では奪三振率と言われる。奪三振数を投球回数で割って9をかけたものだ。その投手が9回を投げれば何個の三振を奪うかという数字。三振は、振り逃げ以外の出塁が考えられず、投手にとって最も安全なリザルトとされる。今季両リーグのK9のランキングを見ていこう。パ・リーグ50イニング以上を投げた51人のK9ランキング。上位15傑。1松井裕樹(楽)12.29(53試66.2回91奪三振)2千賀滉大(ソ)10.40(22試141回163奪三振)3増井浩俊(オ)9.55(63試65回69奪三振)4則本昂大(楽)9.33(27試18… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング