【高校野球】盛岡大付、9回あと1球で敗退から同点→延長11回サヨナラ 初戦を突破

Full-Count / 2019年3月25日 14時16分

■延長11回はノーヒットで1点をもぎ取りサヨナラ、石岡一は初出場初勝利ならず第91回選抜高校野球大会は25日、大会3日目が行われ、第2試合は盛岡大付(岩手)が21世紀枠で春夏通じて通じて甲子園初出場の石岡一(茨城)に3-2で逆転勝利。あと1球で敗戦と追い込まれながら9回に2点差を追いつき、延長10回にサヨナラ勝ちした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング