「弱さ」と戦った巨人ドラ1左腕との記憶 大学恩師がプロ初勝利に感じた変化とは

Full-Count / 2019年4月15日 15時59分

■八戸学院大・正村公弘監督が教え子・巨人高橋のピンチでの投球内容で気付いた4日の阪神戦で、巨人の大卒新人としては59年ぶりとなる初登板初先発初勝利を挙げたドラフト1位ルーキー・高橋優貴投手。東海大菅生(東京)、青森の八戸学院大で成長を遂げ、ドラフト1位左腕へとなった。大学で指導した正村公弘監督は「すごい。プロに入っていい指導者や先輩と出会って、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング