「このままでは置いていかれる」―山崎武司氏が最下位・阪神の課題を指摘

Full-Count / 2019年4月23日 14時31分

■ここまで黒星が先行している阪神は「1番弱い試合運び」プロ野球が開幕し、まもなく1か月が経過する。セパ各球団は他球団との対戦が一巡し、16日からは2回り目の対戦がスタートした。セ・リーグでは巨人、ヤクルト、中日が首位を争う構図となっている。リーグ3連覇中の広島は、開幕から5カード連続で負け越しを喫して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング