写真

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

■145M弾含む2連発で両リーグ最速2桁到達、1軍ブルペン捕手の上本氏が明かす本塁打王の“秘話”西武の山川穂高内野手が24日のロッテ戦(ZOZOマリン)で第1打席に9号ソロ、第2打席で10号2ランを放ち、両リーグ最速で2桁本塁打に到達した。圧巻だった。ロッテ先発の岩下が投じたストレートを完璧に捉えた。2回先頭の第1打席では左翼スタンド上段の照明付近を直撃する“あわや場外”の推定145メートル弾。続く3回1死一塁の第2打席でも打球は高く舞い上がり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング