【MLB】179キロ打球直撃の田中将大は軽症 指揮官「次の登板日に投げるチャンスはある」

Full-Count / 2019年5月20日 10時48分

■MLB公式も状況をレポート「普通に歩いていた」18日(日本時間19日)に本拠地レイズ戦に先発し、6回3安打無失点6奪三振と好投したヤンキースの田中将大投手。6回の最後の打者が放った111.3マイル(約179.1キロ)の打球が右すねを直撃して降板となったが、その負傷は幸いにも軽症で済んだようだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング