「お前はプロ野球をなめている」ヤクルト梅野に突き刺さった指揮官のゲキ

Full-Count / 2019年5月20日 11時55分

■守護神・石山に代わり、クローザーを任されるようになった3年目の梅野5月17日のこと。約1週間ぶりに神宮球場へ戻ってきたヤクルトで、私がどうしても話を聞きたかった選手がいた。3年目の右腕・梅野雄吾投手だ。梅野投手は石山投手の戦線離脱で、5月6日の阪神戦から代役ストッパーを務め、現在3セーブを挙げている。代役初登板の翌7日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング