【MLB】イチロー氏との対戦は「誰もが極めて苦痛」 デビュー戦で対戦した左腕の記憶

Full-Count / 2019年5月25日 20時5分

■2002年のデビュー戦で対戦した最初の打者がイチロー氏「投手なら誰もが…」どんな選手にとっても、デビュー戦は特別なものだろう。キャリアの1歩目として、できれば良いスタートを切りたいところ。だが、いきなり手強い相手と対戦することもある。米メディアでは、デビュー戦で現在マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏に挑んだ左腕について取り上げている。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」が「ドキドキ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング