日ハム栗山監督、同点弾の清宮を“辛口”祝福「本塁打はどうでもいい」

Full-Count / 2019年6月21日 7時20分

■清宮は6回1死で同点2号ソロも他の3打席で空振り三振「本当に悔しがって欲しい」■日本ハム8-4DeNA(交流戦・20日・横浜)日本ハムの栗山英樹監督が20日、DeNA戦で同点2号ソロを放った清宮幸太郎内野手について「本塁打はどうでもいい」と“辛口”で祝福した。清宮は「6番・一塁」で7試合ぶりにスタメン出場した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング