巨人50勝一番乗り、阪神泥沼5連敗で自力V消滅、中日3位タイ浮上 16日セ・リーグは?

Full-Count / 2019年7月17日 7時20分

■巨人は山口が両リーグトップの10勝目、チームも50勝一番乗りで首位独走セ・リーグは後半戦開幕となった16日、各地で3試合を行われ、巨人、DeNA、中日がそれぞれ勝利した。巨人が50勝一番乗り、阪神は泥沼の5連敗で自力優勝の可能性が消滅した。2位から5位までは1.5差とまだまだ混セは続く。巨人は敵地・神宮でのヤクルト戦を6-3で勝利し5連勝を飾り50勝一番乗り。同点の4回に亀井の左前タイムリーで勝ち越しに成功すると7回には再び亀井が9号ソロを放ちリードを広げた。先発の山口は6回2/3、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング