日米大学野球 侍Jがサヨナラ負け 先発・早川5回1失点の好投も…対戦成績は1勝1敗

Full-Count / 2019年7月17日 21時24分

■生田監督「こういう接戦は予想していた」第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)の第2戦が17日、愛媛・今治市営球場で行われ、侍ジャパン大学日本代表が米国大学代表を2-3でサヨナラ負けを喫した。2-2の同点で迎えた9回。4番手の伊藤大海(苫小牧駒大)が登板。先頭打者のバーレンソンに右越え本塁打を浴びた。これで対戦成績は1勝1敗となった。日本代表は先発の早川隆久投手(早大)が初回に味方の失策から1点を失ったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング