【MLB】ヤ軍大砲が明かす“147キロ顎死球”の衝撃「顎の骨が折れ、歯が全部飛び散るかと思った」

Full-Count / 2019年7月22日 21時40分

■20日ロッキーズ戦の4回打席で顎に147キロ直球が直撃→「ひどい状況ではない」→21日フル出場■ヤンキース11-5ロッキーズ(日本時間21日・ニューヨーク)ヤンキースのルーク・ボイト内野手は20日(日本時間21日)の本拠地ロッキーズ戦、4回の打席で球速91.4マイル(約147.1キロ)のフォーシームが顎に直撃する死球を受けた。一夜明けた21日(同22日)に“顎死球”を振り返り、「顎の骨が折れたのかと思ったよ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング