【MLB】大谷翔平の“快足三塁打”、圧倒的な加速力に米専門家も驚嘆「いかにホットか」

Full-Count / 2019年8月20日 15時14分

■三塁到達タイムは“球団史上2位”の11.09秒、秒速8.84メートルはMLB平均を大幅に上回る■レンジャーズ8-7エンゼルス(日本時間20日・アーリントン)エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・レンジャーズ戦で「3番・DH」で2試合連続スタメン出場し、4打数2安打1打点1四球。2回の第2打席で自己最長の10試合連続安打となる左中間適時三塁打を放ち、圧巻の加速でダイヤモンドを疾走した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング