【MLB】オルティス氏が銃撃事件の“真相”初めて語る 「もう少しで死ぬところだった」

Full-Count / 2019年9月17日 19時2分

■母国ドミニカ共和国での事件から3か月間の沈黙を破り初インタビュー元レッドソックスの強打者、デビッド・オルティス氏が母国ドミニカ共和国のクラブで銃撃を受けてから3か月、その事件の“真相”について初めて口を開いた。米メディア「CBSニュース」はそのインタビューの内容を掲載。オルティス氏は時に涙しながら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング