【MLB】レイズ契約の岩村氏は「最も過小評価された日本人」 米メディアが各球団FA契約トップ3発表

Full-Count / 2019年12月13日 11時5分

■イチロー氏には当初、懐疑的な見方も「MVPと新人王を受賞したことですぐに答えが見つかった」ゲリット・コール投手は9年総額3億2400万ドル(約352億3300万円)でヤンキースに移籍、スティーブン・ストラスバーグ投手がナショナルズと7年総額2億4500万ドル(約266億1600万円)で再契約を結ぶなど、FA市場が活発に動き出したメジャーリーグ。そんな中、米メディア「ブリーチャー・レポート」は各球団のFA契約トップ3を紹介し、日本人ではイチロー氏、岩村明憲氏が名を連ねた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング