侍J山中強化本部長が学童野球に一石 試合数の多さに苦言「これは惨状に近い」

Full-Count / 2020年1月19日 16時31分

■侍Jには「品性=スポーツマンシップを正しく理解して具現化」を求める野球日本代表「侍ジャパン」の山中正竹強化本部長が19日、横浜市内で行われた「第3回神奈川学童野球指導者セミナー」に登壇し、現在の学童野球で行われている試合の多さに言及し、「ルール化していくことも必要だと思う」と私見を述べた。山中強化部長は「あるチームは100試合、あるチームは200試合とプレーしている現状がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング