写真

ロッテ・福田光輝【写真:荒川祐史】

■福田光は高校、大学でいずれも主将を務めたリーダーシップの持ち主ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木朗希投手が24日にプロ入り後初めて打撃投手を務め、いきなり最速157キロを計測して周囲の度肝を抜いた。一方で、このフリー打撃で佐々木朗に1発を浴びせて一躍名を上げたのが、同期でドラフト5位入団の福田光輝(こうき)内野手(法大)だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング