【MLB】大谷翔平は「サビついていた」 投手復帰戦7四球を地元LAメディア酷評

Full-Count / 2020年7月8日 13時32分

■大谷は674日ぶりの試合登板で打者延べ10人に7四球1奪三振1安打1失点エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦に先発登板。初回は2四球などで1死一、三塁とし、18球を投げたところで一時降板。2イニング目は連続四球からタイムリーを浴びた。3イニング目は3者連続四球を与えたところで降板。打者延べ10人に50球を投げ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング