1月18日、電機メーカーのシャープがオフィシャル『Twitter』アカウント上で 「【ごめんなさい】聴診器は両方の側を使い分けるそうです。高音域を聴きたい時は膜型(大きい側)を当て、低音域を聴きたい時はベル型を使うらしくて、なんか知ったかぶりしてすみませんでした。」 https://twitter.com/SHARP_JP/status/954169118571216896 という異例の謝罪を発表した。 これは直前にツイートした 「ロボホンオーナーのみなさん向けに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング